ソロキャンパーによるコアキャンパー向けのギアブランドZEN Camps:ZEN Camps [トップページ]

COLUMN
キャンプで人と人をつなぐWEBメディア

便利なシングルバーナー、でも使い方を間違えると危ない。
  • CAMP
  • 2020.10.28

便利なシングルバーナー、でも使い方を間違えると危ない。

イワタニのジュニアコンパクトバーナー、SOTO ST-310に代表されるシングルバーナーをお持ちのキャンパーさんは結構多いんじゃないかと思います。シングルバーナーはコンパクトで市販のガス缶を使えるので非常に便利ですよね。

ただ、シングルバーナーは使い方を誤ると大きな事故に繋がることがあるので、注意が必要です。

まずシングルバーナーはイワタニやSOTOなどのものを購入することをオススメします。 中国製などのバーナーが悪いとは一概には言えませんが、火を扱うので信頼のおけるメーカー製の物を選んでください。 また、意外と見落としがちなのがガス缶の過剰な加熱によるガス爆発です。

これは本当に危ないんですよ! よくガスコンロで鍋を作っていてガス缶が爆発するというニュースがありますが、これも同じ事象です。

遮熱板が必要な場面は?

ガス缶が加熱される原因はバーナーの火やバーナーの上に置いたフライパン等の加熱物から発生する輻射熱ですが、この輻射熱をガス缶になるべく伝わらないようにすることが必要です。

短時間加熱するだけであれば遮熱板なしでも問題ありませんが、鉄板を置いて調理をしたり、煮込み料理をしたりする際は必ず遮熱板を使用するようにして下さい。

遮熱板とはシングルバーナーの熱源とガスボンベ(ガス缶)の間に設置され、熱源からガスボンベに伝わる輻射熱をカット(少なくする)役割を果たしています。

こちらのイラストに輻射熱による熱伝導の説明がありますのでご覧ください。 *ここでいう熱伝導は物体に直接触れて熱が伝わる意味ではなくて放射熱も含め熱が物体に伝わるという意味で使用しています。

遮熱板が必要な場面は?

遮熱板の種類は?

ZENCampsではシングルーバーナーで有名なイワタニのジュニアコンパクトバーナー(CB-JCB)とSOTO ST-310用の遮熱板を作っていますので、このバーナーをお持ちの方で鉄器を乗せて使いたい方は是非使ってください。

コンパクトで持ち運び便利な小型の遮熱板とテーブルになるタイプの両方がありますので、用途に合わせて使い分けてください!

小枝を投入している イワタニ ジュニアコンパクトバーナー(CB-JCB)

小枝を投入している SOTO ST-310

小枝を投入している 発売予定 新商品

COLUMNIST

  • 足立 修治
  • 足立 修治(あだちしゅうじ)
  • 広島県広島市出身、仕事はZEN Campsデザイナー。 趣味はソロキャンプとコーヒー、筋トレ、釣り。
  • 2020年より沖縄に移住し、本格的にマリンスポーツを始める予定。 休みの日は近くのビーチにいって自分で作ったキャンプ用品を使ってコーヒーを淹れるのが至福のひと時です。

日本語