自分の山で仲間とキャンプを楽しむ

自分の山で仲間とキャンプを楽しむ

キャンプを始めたきっかけ

小さい頃から家族でよくキャンプに出かけていて、そこから自然で遊ぶのが好きになりました。

中学生〜大学まではキャンプはほぼやらなかったですが、社会人1年目に実家の屋根裏で昔使っていたキャンプ道具を発見。

周りの友人とちょうどキャンプの話をしていたこともあり、再度やってみたら昔の楽しさを思い出しハマりました。

今でも30年ほど前に父親が購入したColemanのガソリンランタンを愛用しています。

 

私のキャンプスタイル

基本的には仲間数人でのキャンプを楽しんでいます。

仲間と焚き火を囲い、美味しいご飯、お酒を堪能しながら色々な話をするのが好きです。

普段話せないような悩みも、火を囲むと素直に吐き出せたりするから不思議です。笑

近年ではキャンプ仲間もどんどん増え、各人が自分のテントを張って就寝することもあります。外では仲間と楽しみ、寝るときは一人の時間を楽しむ、そんなキャンプスタイルも好きです。

また、キャンプの際は必ず趣味である一眼レフカメラを持っていき、キャンプ風景やギア、そしてみんなが楽しんでいる姿を撮影するのが好きです。

お気に入りのキャンプ場はやっぱりふもとっぱらキャンプ場です。

広大な大地とその奥に聳え立つ富士山は何度見ても圧巻で、感動します。
夜の星空も綺麗で感動しますが、朝日を見ると生きてるなぁと実感します。
 

朝のコーヒーが至福の時間

キャンプで至福と感じる時間は、朝のコーヒータイムです。
必ずコーヒー豆とミルを持参し、仲間にもコーヒーを振る舞っています。
 
 
自然の中で飲むコーヒーはもちろん最高ですが、仲間が僕の淹れたコーヒーを飲んで喜んでくれている姿を見るのもまた至福の時間です。
 

お気に入りのZEN Campsギア

”一生モノ”の火吹き棒

私のZEN Campsのお気に入りギア1つ目は「火吹き棒」です。

今までは収縮型の安い火吹き棒しか使用したことがなく、必要性もそこまで感じていなかったのですが、ZEN Campsの火吹き棒を使用して考えが変わりました。

この”一生モノ”の火吹き棒は丈夫で長く、吹き口のフィット感、空気を吹く際の圧力がちょうど良く、一瞬で消えかけた焚き火を復活させることができます。

火吹き棒がここまで役に立つギアだとは知りませんでした。

また、重厚感や高級感がある中で、真鍮とアルミの組み合わせにより軽量なのも嬉しいです。まず見た目の格好良さに惚れました。

使用後はパーツを分解して洗えるので、清潔に管理できます。
まさに”一生モノ”というにふさわしい火吹き棒です!
 

山の開拓とキャンプ場作り

自然好きの仲間数人で2021年に東京の山を購入し、自分達の手で山の開拓とキャンプ場作りを行っています。
自分達の好きな場所を作り、自分達の場所でキャンプを楽しみたいという想いがあっての活動ですが、そんな場所を色々な方々に使っていただき、普段感じられない自然を5感で体験してもらいたいと思っています。
 
 
現代では都会でストレスを抱えている人が非常に多く、忙しさのあまり自然からどんどん離れてしまっている人も多いと思います。
そんな方にこそ自然の中でゆったりした時間を過ごしてもらい、自分や大切な人と向き合える時間を作って欲しいと考えています。
 
 

インタビュアー情報

名前:石山 雄士 (イシヤマ ユウジ)
年齢:33歳(東京都在住)
好きなもの:自然・キャンプ・カメラ・珈琲・カレー
Back to blog

Leave a comment

Please note, comments need to be approved before they are published.